子供の成長に欠かせない要素とは?

子供の成長には下記の3つの要素が欠かせません。
更に各記事にて詳細を解説しているので、子供の成長のメカニズムをしっかりと理解しておきましょう!

睡眠

子供の成長を促す成長ホルモンは寝ているときによく分泌されます。
特にぐっすりと深い睡眠をとっているときほど、最も多く分泌されると言われています。

運動

骨の成長にはある程度の刺激がなければいけません。
学校の体育の授業だけに頼るのではなく、毎日適度な運動が必要不可欠です。

食事

骨や身体を作るためには良質な食事が欠かせません。
栄養バランスのとれた食事でカルシウムやタンパク質などをしっかりと摂取しましょう。

『寝る子は育つ』は本当だった!!

昔から日本では『寝る子は育つ』ということわざがありますが、実はこれは科学的に見ても正解なんです。

 

睡眠は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠に分けられます。子供はこのノンレム睡眠の間―つまり熟睡中に成長ホルモンが大量に分泌されることによって、身体が大きくなっていきます。
他にも眠りを安定させるホルモンのメラトニンや、ストレスに対抗するためのホルモンのコルチゾールなど、健やかな成長には欠かせない様々なホルモンが分泌されます。

 

これらは全て規則正しい良質な睡眠がなければ満足な量が分泌されず、ホルモンが不足すると様々な悪影響を及ぼしかねません。更に成長期によって必要な睡眠時間が変わってくるので、睡眠の量は子供に合わせて調整することが大切です。
良質な睡眠を得るためにはテレビやゲームといった強い光は就寝1時間前までとし、就寝30分前からは部屋を暗くするなどして寝る準備を整えていきましょう。また起床後はカーテンを開けたり、『おはよう』や『おやすみなさい』といった挨拶を習慣づけることも重要なポイントです。

成長するためには様々な栄養を!

食事は子供の身体の成長に直結するので、様々な栄養素をバランスよく摂取させてあげたいものです。ですが子供はただでさえ好き嫌いが多く、しかも飽きさせないように毎日違った栄養豊富な献立を考えるのは至難の業です。

 

特に子供の成長に必要だと言われているカルシウム、マグネシウム、亜鉛などを効率よく摂取させるのは難しいものです。中でもカルシウムは吸収率が悪いため、可能な限り毎日適度な量を摂取し続ける必要があります。

 

ですが子供も中高生になると自分たちでファーストフードなどで食事を済ませてしまったりして、親が栄養を管理するのにも限界が出てきます。そんなときはサプリメントなどで総合的な栄養バランスをカバーすることをオススメします。
サプリを飲むことを習慣づければ、栄養の偏りもある程度は防ぐことができます。またサプリをピルケースなどにいれて持ち運べば、外出先でも手軽に栄養を摂取することも可能です。

 

カラダアルファには成長をサポートする要素がギッシリ!

スピルリナ配合だから栄養バランスはピカイチ!!

WHO(世界保健機関)が推薦するスピルリナは、骨の成長には欠かすことのできない良質なたんぱく質を豊富に含みつつ、50種類以上の栄養成分を配合した驚きの成分です。更に栄養吸収率が95%もあるため、ほとんどの栄養素を無駄にすることなく効率よく利用できます。
またカラダアルファにはコラーゲンやカルシウム、マグネシウムが豊富に配合されており、粒にして固めるのが大変だったそうです。そんな栄養がぎっしりと凝縮されたカラダアルファで子供の成長を応援してみてはいかがでしょうか?