アルギニンって一体どんな働きをするの? 身長サプリに不可欠な理由とは?

アルギニンは成長を促す重要なカギだった!?

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内でも合成されるため非必須アミノ酸に分類されています。アミノ酸はタンパク質を作る成分であるため、お子様の身体の基礎を作るうえで欠かせない要素であると言えます。
ですがアルギニンにはそれとはまた別の重要な働きがあるとされています。それは成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できるということです。成長期にたくさんの成長ホルモンが分泌されれば、それだけ骨が伸び、結果として身長が伸びるということへ繋がっていきます。

 

しかしアルギニンは体内合成や普通の食事で摂取する程度の量では、成長ホルモンの分泌促進はあまり期待できないそうです。アルギニンの作用を引き出すためには、3,000〜5,000mgほどをまとめて摂取することが好ましいとされています。
この量に最適なのがドクターセノビルです。ドクターセノビルには1袋に約2,500mgものアルギニンが濃縮配合されているため、1日2袋飲むだけで目安の5,000mgを簡単にクリアすることができます。またドクターセノビルには他の有効な栄養素も数多く含まれているので、総合的に栄養を補ってくれるまさに一石二鳥の成長サプリですね。